会社員の健康保険料について

会社員として働いている人は、実際に自分で健康保険料を支払っていると言うことではありません。
日本では国民皆保険となっており、基本的にだれでも健康保険に加入しなければいけないようになっています。
ここで収入に応じた保険料を納めると言うようになっています。
しかし会社員の場合には給料やボーナスから天引きされるというのが多くなっているので、実際にどのくらいの健康保険料を支払っているのかと言うことを知らない人がたくさんいます。
この金額に関しては毎月の給料の金額に差があるということ、そして地域によって差があるということから2009年には全国一律になっており、保険料率4.75パーセントを報酬にかけたものとして計算されています。