健康保険法の概要について

健康保険法は健康保険について定めた社会保障に関する法律の一つで、施行からは90年以上にも及ぶ非常に古くから存在する法律です。
健康保険については主に中小企業の従業員が加入することになる政府管掌保険と呼ばれるタイプと、700人を超える大企業の従業員が加入することになる厚生労働大臣の認可を得て事業者が設立をする健康保険組合管掌保険と呼ばれるタイプに分かれています。
従業員5人を超える企業の事務所の場合は、従業員の健康保険の加入は義務として定め強制加入することが健康保険法により決められています。
事業主や労働者はしっかりと法律によって定められたルールを遵守し、健康保険に関する所定の手続きと保険料の納付などを行う必要があります。